2017-06-21

組織概要



名称

NPO法人NPO推進北海道会議

活動内容

市民を主役とする新しい時代に即応し、行政や企業から自立した、非営利市民公益活動を支える社会的支援システムを創設すること、及びNPOのネツトワークを北海道に作ることを目的とし、1995年5月に結成されました。
NPOを広めるための広報活動、フォーラムやシンポジウムなどの開催、NPO市民講座の開催、行政との連携、政策提言活動、情報の提供活動を行っています。

所在地
 
064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール info@hnposc.net
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974
月~金曜日10:00~18:00

■会員数(2015年度)

  個人会員  54
  団体会員  53


◇代表理事
田口 晃  北海道NPOサポートセンター理事/北海道NPOファンド代表理事

理事

大滝 和子  司法書士
角 一典  北海道教育大学教育学部旭川校教授
小林 董信  福祉NPO支援ネット北海道 監事
佐藤 隆   北海道ふるさと回帰支援センター理事長/北海道NPOサポートセンター理事
杉山さかゑ 北海道NPOサポートセンター理事長
長崎 昭子  札幌・障害者活動支援センターライフ理事
廣田まゆみ  北海道議会議員
本田 宏  北海学園大学法学部教授

監事
大原 昌明  北星学園大学経済学部教授/北海道NPOバンク審査委員長

決算報告書(PDF)

事業報告書

NPO法人NPO推進北海道会議 事業報告書 

2017-06-06

第8回NPO交流「一杯の会」 -手稲みらいつくり学校の取り組み-



医療法人稲生会の伊西夏恵さん(作業療法士)をゲストスピーカーにお迎えします。

医療法人稲生会は重い障害をかかえた子どもたちやその家族のみならず、すべての人びとがより良い社会をつくる一員として広く活動ができるように、法人開設時から生涯学習推進の場として「手稲みらいつくり学校」の活動を行っています。

「手稲みらいつくり学校」のお話を聞きながら、飲み物を片手にNPO同士の交流を深めませんか?

●日時/2017年6月22日(木)18:00~20:00 
●場所/市民活動プラザ星園内(札幌市中央区南8条西2丁目5-74)
●参加費/500円(ワンドリンク付き)
●お申込み・お問合せ/NPO推進北海道会議(担当:高山) メール info@hnposc.net TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974


第7回「一杯の会」報告:2017年5月23日18:30より、市民活動プラザ星園において第7回の「一杯の会」を開催しました。今回のゲストは、NPO法人北海道ワーカーズ・コレクティブ連絡協議会代表理事/NPO法人たすけあいワーカーズむく代表理事 大熊薫さん。参加者の自己紹介から始まり、大熊さんがワーカーズむくで活動を始めた経緯、事務所もない状態での活動から、事業を拡大することを前提に現在の拠点を賃借する決意し、現在に至るまでをお聞きしました。後半は、ワーカーズ運動の継続、お金のこと、合意形成、若い世代の働く場としての整備など、ワーカーズの現状と課題について参加者同士で意見交換を行いました。「一人一人が運営を共におこなう」というワーカーズの働き方は、理解するのにとても時間がかかるが、自分が地域で働いているということを実感し、やりたいことが実現できる場です。大熊さんは連絡協議会の代表としては2年目。多岐にわたるワーカーズの活動のより一層の拡がりが楽しみです。
NPO法人北海道ワーカーズ・コレクティブ連絡協議会:北海道内のワーカーズ・コレクティブ会員32団体(500人)を支える中間支援組織として、様々な研修・イベント等を実施しながらワーカ―ズ・コレクティブの認知度を上げ、働き方をアピールしている。
NPO法人たすけあいワーカーズむく:札幌市白石区、豊平区月寒東にて、介護保険法に基づく介護サービス(訪問介護・予防訪問介護サービス・地域密着型通所介護・居宅支援事業)及び障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス(居宅支援)をワーカーズとしての働き方を実践し、活動している。

2017-06-05

入会案内

NPO推進北海道会議会員募集

会報誌「北海道NPO情報」を毎月発送します。
当会主催セミナーについてのご案内をお送りします。

■会費個人一口2,000円 団体一口5,000円 郵便振込口座番号:02760-8-9885
口座名義「NPO推進北海道会議」

2017-05-15

第1期SIB研究会報告書

PDFファイルをご覧いただけます。

第2期も予定されています。正式に決まりましたら、会報誌やHPでご連絡差し上げます。